スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追儺の鬼

「鬼は~外!」
「福は~内!」
追儺の神事はお済みですか?
我が家は代々[福]しか家に呼び込みません。
[鬼]は祓いません。
瑞穂の国の【追儺――鬼やらい】には、それなりに《因習》もございますれば。
あはは 因みに今夜の我が家は[手巻き寿司]と[ちらし寿司]の寿司寿司尽くしです!♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ">

食卓

さて――元来、中国の鬼は死霊を意味していました。
が、日本の鬼は「隠れる」と言う意味の「オン(隠)」が変化して、[オニ]になったと言われております。
[オニ]とは姿を隠して見えないモノとされていたからです。
そしてこれこそ、【鬼】なる漢字が大陸から渡来する以前から、[オニ]なる観念が存在していた事を意味します。
実は【鬼】なる字はその昔、[カミ][モノ][シコ]なぞと読まれておりました。

奈良時代には、まだ鬼は死霊だと考えられていた様です。
同時に、鬼は人間を喰う恐ろしい妖怪だとも、この頃から広がって行きました。
『日本霊異記』には、人を喰う鬼の話しが残されています。
仏教の影響を受けて餓鬼(がき)、疫鬼なぞが現われるものこの時代です。

死霊、或いは仏教の羅刹や夜叉と混同されていたモノ――
山の奥深く、或いは離島・地底などの異界に住み、時折、町の辻や門・橋などの境界に出没しては人を獲って喰うと信じられていたモノ――
それ等が馴染みの牛の角頭と虎の牙、虎皮の腰蓑を纏った人の形に変化したのは、[陰陽道]と集合した後の事です。
陰陽道の言う、鬼が集まる[鬼門]が[丑寅の方角]である事から影響を受けているとは、最早有名な話ですものね(^-^#)

大晦日の夜に、悪疫を祓う為に宮中で行われた「追儺」の儀式――
しかし民間に流布した【鬼やらい】は多く、何故か残酷な[儀式]と化しました。
[鬼]役に選ばれた人間が、辻々を礫で追われ捲るのです。
血だらけで追われる彼等(彼女等)は思わず山に逃げ込みます。
そして逃げ込んだが最期、二度と町へも、家族の許へも戻れなかったのです。
戻れば、[鬼]として殺されてしまうからです。
多くは語りません。
哀しい史実……とだけ…。
豆まき

ですから我が家では[追われた鬼達]を、決してもう一度追う事を致しません。
お為ごかしと言われても良いのです。
「福は~内!」
「鬼も~内!」
鬼が神様の寺社も、日本には多い事もございますれば(´ω`*)ネー。
また鬼の子孫と称する家系が大分県日田・京都の八瀬村・奈良県五条町付近・吉野郡・和歌山県中津川ほか各地に存在する事も追記しておきましょうか。
こうした村々は修験道の山岳地帯に多く、基は山伏などの修験者さん達の子孫であると考えられております。
鬼筋の家の人々は、鬼の子孫である事を自認し、他の村とは交際もせず、鬼の舌に似ていると、雛祭に菱餅を作らなかったり、鬼の角に似ていると、端午の節句にちまきを作らない等の風習があったと言います。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

追儺について

追儺追儺(ついな)とは、大晦日(12月30日 (旧暦))の宮中の年中行事であり、平安時代の初期頃から行われている鬼払いの儀式。追儺とはもとは中国の行事であり、この行事が日本に輸入され、ついに宮廷の年中行事となった。現在の節分の豆蒔きの元となった行事である。蓮花寺

コメントの投稿

非公開コメント

骨董学入門試験日の変更について

[骨董学入門試験]を楽しみにされていた受験者の皆様へ。
この度[初級編3]の問題・回答につきまして、酒蔵の蔵人間に不正が発覚致しました。
その為現在、急遽問題を差し替えております。
今後この様な不祥事が起きません様に、監視の眼を厳しく致します。
――て、どんなだ(^^;)
楽しみにしていて下さる皆様には、もう少しだけお待ち戴けます様にお願い申し上げます。m(_ _)mぺこりん

試験中止ですか・・・・

ええ、せっかくスカンジナビア航空さんに「間違えて急行(?)に乗ったので受験に間に合わないんですうぅぅー。」と着陸してもらったんですが・・・・

これで明日の朝刊には「美談」として載るぞっ。と思ったんですが・・・・

試験延期ですか・・・仕方がないので、どこかに泊まろうかな・・・おっこんなトコにおあつらえ向きの酒蔵と宝物蔵が・・・

果てしなくなりそうなのでこの辺で・・・
不正があっても追試をして頂ければ満足です。


昔から伝わる風習といったモノには悲しい事実も隠されているんですね。

昔読んだ「泣いた赤鬼」という絵本を思い出しました。

親友の赤鬼の為に悪者になった蒼鬼はそっと村を後にしますが、もしかすると、追われた「鬼」達への哀悼の意味もあるのかな、とふと思います、考え過ぎかな・・・



山中で遭遇する修験者達は一般人(?)の目には鬼やはたまた天狗などに見えたでしょうね。
ひょっとしたら大飢饉などで人肉を食べる人の姿も鬼に見えた事もあったのかもしれないなぁ・・・
なんて思います。

Wikipediaの節分の項に

「節分か少し勉強しておこうかな」とWikipedia(日本版)で
節分を引いてみると。
『埼玉県比企郡嵐山町の鬼鎮神社では「福は内、鬼は内、悪魔は外」…』「悪魔!」すごい言葉だ。世の中には相撲にやたら造詣のある自称悪魔もいたと思うが、あの人は別かあ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86
節分-(Wikipedia)

それと「急遽問題を差し替え」
大変でしたね。今度は予習しておきますよ「あ!」試験範囲どこだろう。
記事あれこれ索引一覧
全タイトルを表示
無料カウンター ご縁カウンタFree!
いらっしゃいませー♪
蔵元 : 主家の一生 [ RSS ]
こんにちは。シュカのカズイと申します
地方の旧家の総領娘故に、余所様からは
「お嬢さん」と呼ばれております
……あたた…(~ヘ~;)

ご挨拶 したり されたり

バナー作りました
宜しければどぞー(^-^*)/

ご訪問 したり されたり



トラックバック 感謝であります


QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。